やせる方法

絶対やせる!と決意したその日から始めたい、キレイにやせる方法と知識のセレクションを紹介します。

ダイエットでやせる秘訣

ダイエットでやせる秘訣は、やはり運動です。食事を減らしたり、食事の内容を変えたりすることも大切ですが、限度というものがあります。その限度が耐えられないで失敗した方が、何度トライしても上手くいかないのであれば、今後成功する確立はなかり低いといってもいいでしょう。

管理人は、いつも食べいる食事の量を100としたら、その20だけガマンして、総量として100を80まで減らしましたが、それ以上はムリでした。その上で下記のような基本的な運動によって減量しました。ただ、そのままではなく自分なりに運動の回数や量を決めて、決してムリなく、たとえ途中休みが入っても、また続けるというマイペース法(?)です。

トラディショナルな運動処方

著 者: 青銀杏

ダイエットでやせるためのトラディショナルな運動処方は、
1回20〜60分程度の持続した有酸素運動
(ウォーキング、自転車こぎ、水中歩行など)
を週3〜5回行うというものです。

この運動処方は、
元来、1970年代に健常人を対象に体力(心肺持久力)の
向上を目標に設定されたもので、
その後慢性疾患の治療や予防に「拡大解釈」されて用いられ、
結果として有効性が確立してきたという経緯をもちます。


ダイエットでやせるための運動強度は
中等度〜強い強度が良いとされていますが、
肥満者を含む慢性疾患の運動療法では、
当初は中等度、すなわち、運動強度の指標である
心拍予備能が50%のレベルで行います。


具体的には、最大心拍数の予測値(=220−年齢)を用い、
(最大心拍数一安静時心拍数)×0.5+安静時心拍数
となる心拍数で運動します。

補助的指標として、
自分自身の自覚運動強度も参考になります。

50%の運動強度での自覚症状は「ややつらい」という程度で、
軽く息がはずみながらも運動中会話が可能な強度です。


これまでの運動療法のエビデンスの多くは、
このトラディショナルな運動処方によるもので、
肥満者がダイエットでやせるために対する減量効果は2kg程度です。

これは、この運動処方が
心肺持久力の向上を目標に設定されており、
エネルギー消費量が多くないためであるとされています。


******************************************
やせるダイエット法
http://ameblo.jp/diet11/

original article
http://ameblo.jp/diet11/day-20070112.html
******************************************